新着情報

2018.07.01

論文「組織の構造的慣性がマネジメント・コントロール・システムと業績の関連性に与える調整効果についての一試論」が公刊されました.

『経済論究』第161号

戻る

新改敬英 研究室

熊本と横浜を拠点に、経営学(特に組織論と経営管理論)を研究しています。
主にデータを活用した人事マネジメントについて、複数の企業との共同/受託研究にも従事しています。

ページの先頭へ